3月(弥生)
もう2月と思っていたら、いつのまにか3月にはいってました。
昨日はLA気温30°ちかい暑さで、久々にソデナシ。

さてさて、最近また 元気のいい東京発のガールズブランド 
IRONYのグラフィック何点かデザインさせてもらいました。

f0020116_9115113.jpg

f0020116_9184429.jpg

f0020116_9255777.jpg

f0020116_9185447.jpg


f0020116_9345389.jpg


春らしい色で着心地のよさそうなゆったりめのT-シャツ。





IRONY

ZOZOTOWN
[PR]
# by takomiso | 2012-03-06 09:22 | news
2012
もう2月ですね。
今年はどんな年になるんだろう〜?
ワクワク
ドキドキ


最近このサイトに写真をアップデートしてます。
遊びにきてね。


すくすく
[PR]
# by takomiso | 2012-02-03 05:34 | news
師走
あっというまに12月。
最近の私は

2年ぶりに復活するルビーのカタログ制作に楽しく追われ。
星空を生地に描いたり、
宇宙を想像したりしていました 笑

今年は皆さんにとってどのような年でしたか?


f0020116_349374.jpg
photographed by Andy Mueller
(写真:カタログ撮影用のプロップ作りをしているところ)
[PR]
# by takomiso | 2011-12-08 03:54 | etc
住む

f0020116_3454669.jpg


この雑誌まだ読んだ事ないけど。
”小さな畑と台所”(と、アトリエ)
という特集。

まさに私の理想の空間3拍子。
[PR]
# by takomiso | 2011-10-27 03:48 | etc
アートスクール

週に1度の陶芸クラス
長いようだけど、3時間のクラスはあっという間で
12週間のセッションもあっというまにすぎていくんだろうなー。

市で経営しているので、こんなにも安い授業料で
アートを体験できるのって本当に素敵だと思う。

この週1のクラスが毎週楽しみでたまらない。

昨日は満月で
夕暮れもきれいでした。

Barnsdall Art Center


f0020116_293966.jpg

f0020116_293027.jpg

f0020116_293530.jpg

[PR]
# by takomiso | 2011-10-13 02:16 | craft
カウントダウン

2011のウサギ年も残すところ

あと 
86日!!!
時間にして
2068時間!!!


さて年女(私) ラストスパート!!!

この方も戻ってくるのかしら?

f0020116_4574659.jpg


Ruby Republic
[PR]
# by takomiso | 2011-10-07 04:58 | news
龍の声

ダンサー鈴木一琥さんとお会いしたのはかれこれ3年ほど前。
チェコのアートレジデンシーのプログラムで約1週間ほど、
その滞在先で同じ釜の飯を食べた方(仲間)であります。
人生においてなかなか貴重な出会いなんてまれなもので、
チェコ以来なかなかお会いする機会はないのですが、
いつも心の隅で気になる素敵な方です。
そして、その一琥さんの公演のお知らせを聞くたびにハッとして
またまたいろいろな事を考えるのです。

9/23(金)日本時間の今日
鈴木一琥さんの公演があります。



3.11以来、
東日本大震災、原発事故以来私自身の心に影を落とし、
その影を毎日抱きながら生活して生きたような気がします。
そんな半年だったようなきがします。そして、それが残念ながら過去形でもなく
まだ現在進行形で進んでいるように思うのです。それは決して弱気という、
悲観しているという意味でも決してなく...
心に屈託を抱えて過ごしている日々。
毎日、日本のニュースを見るのが日課になってしまった毎日。

ものを表現する立場にあって、何をどのように考えて感じて生きていくのか、
自分にとってのこれからの生き方を本当にひしひしと考えるようになりました。

今日、鈴木一琥さんは 57年前に被爆した第五福竜丸という
木造漁船に耳を傾けながら踊ります。
それは私たち人間への問いかけでもあります。


これからの未来は私たちがどう感じて生きていきたいのか
それぞれの選択にかかっていると私は感じています。


以下、 
龍の声
Voices of Dragon から



「私たちは人間として人間に訴える。

あなたがたの人間性を想起せよ、そしてその他のことは忘れよ、と。

あなた方にそれができるならば、道は新しい楽園に向かって開かれている。

できないならば、あなた方の前には全般的な死の危険が横たわっている。」

         『ラッセル-アインシュタイン宣言』(1955.7.9)



古代より、私たち人間は海を恐れ敬い、漁を行いながら暮らしてきた。そこには、日々の営みがあり、歌があり、踊りがあった。
はるか遠くの沖合にまで魚を求めて、人間は数かぎりない船を造ってきた。


そんな漁船のひとつに、第五福竜丸という木造船がある。
マグロ漁船である第五福竜丸は、江戸時代から栄える漁港・焼津を基地に1953年6月より、太平洋海域へ5回の航海に出た。



5回目の航海中の1954年3月1日、北西太平洋ミクロネシアで、
アメリカによるビキニ環礁水爆実験に遭遇し、2000~3000ミリシーベルトともいわれる高濃度の放射能を被爆した。
半年後の9月23日、23名の乗組員のうち、無線長の久保山愛吉さんが亡くなった。



第五福竜丸の被爆は、広島・長崎に続く原水爆被害であり、
その恐怖や不安によって、原水爆実験禁止・原爆反対の行動が様々な形で巻き起こっていった。
何年もの時が過ぎたのち、第五福竜丸の保存運動が起き、今も東京都江東区に保存・展示されている。



第五福竜丸の被爆から57年後の2011年、福島第一原子力発電所で大規模な事故が起きた。
風に乗って運ばれてきた放射性物質によって、第五福竜丸は、以前と違うかたちで被曝した。


漁船として生まれ、航海に出て被爆し、歴史の証人として保存され、2度のヒバクを経験した第五福竜丸。数奇な運命を歩み続ける第五福竜丸は、これまでの人間たちの行いを、どう感じ見てきたのだろうか? 沈黙を続けるマグロ漁船の声は、いまを生きるわたしたちに届くのだろうか?

9月23日 久保山愛吉さんの命日に、ダンスとボイス、映像によって第五福竜丸の見つめてきた情景をたどり、船自身の声に耳を傾ける。



今作品は第五福竜丸へのオマージュであり、私たち人間への問いかけである。



わたしたちは、どこから来て、どこへ向かうのか。

会場:東京都立第五福竜丸展示館
日時:2011年9月23日(金・祝) 開演:19時(開場:18時30分)
料金:2000円(要事前予約 全席自由) 定員:100名

〈予約申し込み・お問い合わせ先〉
東京都立第五福竜丸展示館 (受付時間 10時~16時/月曜休館)
TEL:03-3521-8494 FAX:03-3521-2900
e-mail: fukuryumaru@msa.biglobe.ne.jp



     振付・構成・演出・ダンス 鈴木一琥

               証言 大石又七

               音楽 だるま屋(町田浩明・岸川恭子)

          舞台監修・照明 Tetra Logic Studio

               映像 大津伴絵

               音響 加藤淳一  

             宣伝美術 KatDesign

             資料提供 上杉知弘

             

     主催 [-tion] company・公益財団法人第五福竜丸平和協会



f0020116_157166.jpg

[PR]
# by takomiso | 2011-09-22 15:18 | news
ノースウエスト


先日3連休を利用してシアトルへ。
毎日めちゃくちゃ最高に心地よい天気に恵まれ。
f0020116_154677.jpg

f0020116_155050.jpg


フェリーに乗って今回は日帰りでまた叔母の住むポートタウンゼントへ。
今回は流木をたくさんビーチで見つけて持ち帰ってきました。
f0020116_154033.jpg

f0020116_155451.jpg



流木プロジェクト...何ができるかはお楽しみ。ふふふ。
f0020116_155912.jpg

[PR]
# by takomiso | 2011-09-13 01:14 | craft
日和


f0020116_6391080.jpg


金曜日の今日は せんたく日和。
[PR]
# by takomiso | 2011-09-10 06:39 | etc
ころもがえ

ホームページ新しくしました。
お暇な時は遊びにきて。

f0020116_0373160.jpg


サイト
[PR]
# by takomiso | 2011-09-02 00:40 | news